【小話】自分でできるプチリフォーム

小話

皆様こんにちは! 長野在住 けだまです

9月後半にさしかかっていますが、まだまだ厚いです(@@;)

さて、本日は最近どんどん増えているリフォームのなかでも自分でできるプチリフォームを

ご紹介します!

今回ご紹介するプチリフォームで

・結露による窓枠の痛み

・経年劣化によるドア枠の表面の痛み

・飼い猫による柱のキズ

がカッターのみで解決できます!

■簡単リフォーム部材「リノバ」

 今回ご紹介するプチリフォームは LIXILから発売されている「リノバ」を使用します

リノバとは・・・壊さない内装リフォーム部材です

ドアや巾木(壁と床との取り合いの部材)などがラインナップにありますが、

今回取り上げるのは カバー材という色々な表面デザインがあるプラスチック製?の薄い板材です

リノバ詳細:https://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/renova/variation/

リノバカタログ:https://webcatalog.lixil.co.jp/iportal/CatalogDetail.do?method=initial_screen&catalogID=6310590000&volumeID=LXL13001&designID=oldinter

木目調のものはリアルで風合いのあるデザインのため、模様替えにもぴったりです。

カバー材と他の部品を組み合わせることで、窓枠からドア枠、玄関の框(靴を脱いで上がる部分)など

幅広い部分に活用できます!

■施工方法

 施工方法はとても簡単です

 用意するもの

  • 下敷き(傷がついても良いもの)
  • カッター
  • のり(ボンド・両面テープ等)
  • あればコーキング剤

①リノバ カバー材を取り付け位置に合わせてカットする 

 ガイドラインがあるため、まっすぐカットするのも簡単です

②裏地に両面テープとボンドを付け、取り付けたい位置に合わせて貼ります

以上です!工程が少なく、特別な材料も必要ないためDIY等やったことがない方でもできます

■注意点

注意点としては、細かい凹凸があるところは作業も細かくなるため、

細かい作業が苦手な方は少し大変かも知れません!

凹凸が多い場合は固めの画用紙などで型を取り、それに沿ってリノバカバー材をカットするとよいです

工事をしたい箇所が多い場合はリフォーム会社に依頼するのも良いと思います◎

■まとめ

今回ご紹介したリノバカバー材は簡単で、お値段もお求めやすいため、

木材や建材の痛んだ部分のカバーだけでなく、模様替えにもぴったりです👍

今、住宅省エネキャンペーンで話題の内窓工事と一緒に工事するのもおすすめです

是非プチリフォームにチャレンジしてみてください!

プロフィール
運営者
けだま

当ブログの運営者「けだま」です。6年前に長野県に移住し、松本市、長野市を中心に生活。サイクリングをきっかけに長野県内のお店や自然を見ることが趣味に。長野県のお出かけの参考になる情報やリアルな信州の生活をお届けします。

けだまをフォローする
小話
けだまをフォローする
長野の観光・お出かけなら 信州悠々日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました